ブライトエイジの年齢肌への効果を検証☆彡

ブライドエイジの主成分トラネキサム酸は年齢肌を復活させることができるのか?!

年齢肌化粧品ブライトエイジがしみ・しわ・たるみをなくすって本当?

40を超えた肌にブライトエイジを使ってみました。

40を越えると鏡を見る度に、しみ・しわ・たるみばかりが気になって仕方ありません。寄る年波には勝てないのだけど、少しでも目立たないようにとメイクをしても何だかむなしくなってしまいます。

そんな時に雑誌で知ったブライトエイジの10日間トライアルセットを使ってみました。わらにもすがる思いってこういうのを言うんですね。

実際にブライトエイジを使って10日を過ぎ、新しいお化粧品を試した時のあるあるで、毎朝入念にお肌のチェックをします。いつもなら見なかったことにするはずの目の下のシミやおでこのしわもしっかりとチェック!

10日くらいでどれ程の変化があるのかな…と思ってはいたのですが、シミの変化は確認できなかったけど、おでこのしわは少しだけ減ってました。2センチの長さだったのが1.5センチになってる、そんなところです。

10日でこの変化はちょっといいかも知れない。少しウキウキ気分です。

⇒ブライトエイジの公式サイトを見てみる

アラフォー以上に現れる肌トラブルは加齢だけが原因?

    • 40代も後半に差し掛かるとしみ・しわ・たるみが一気にやってきて本当にやんなっちゃう。

    • やっぱり誰もが経験する加齢には勝てないって思いますか?

    • だって、実際そうじゃないですか!

    • でもね、最近の科学の進歩を見ていると、寄る年波にだって勝てるかも知れないって思いませんか?

    • え?!それどういう事?

私がブライトエイジのトライアルセットを手にしたときに頂いた冊子に載っていたことなんですが、とても興味を持ったので転載しておきます。

加齢と共に起こりがちな年齢肌炎症に着目しました
「肌が乾燥する」「ハリがない」「シミが目立ってきた」…こうした加齢と共に起こってくる肌の悩み。第一三共ヘルスケアが年齢肌研究を重ねた末たどり着いたのは、この肌トラブルに年齢肌炎症が深くかかわっている可能性があるという事実。更に「トラネキサム酸」が年齢肌炎症の一因に働きかけることを発見。

アラフォー以上の女性の三大肌トラブルは、しみ・しわ・たるみです。これらの原因が年齢肌炎症で、その肌内部の炎症にトラネキサム酸が直接アプローチして炎症を抑えてくれるのであれば、現在の肌トラブルが少しは収まるのではないかと期待しちゃいます。

年齢肌炎症の原因は加齢だけではなく、身体の内部からは食事や生活習慣、外部からは紫外線や肌への摩擦などの刺激などもあるということなので、「年だから仕方ない」とあきらめるのは早いってところですね。

しみ・しわ・たるみは“年齢肌炎症”が主な原因らしい

『年齢肌炎症』という言葉は初耳なんですが、どうやら肌の外部や内部からのいろいろな刺激によって肌細胞が炎症を起こしてしまう症状の事の様です。

で、ブライトエイジは配合されているトラネキサム酸が年齢肌炎症にアプローチするという、製薬会社が作り出した基礎化粧品のラインナップなので、ちょっと頼りになりそうな気がします。

実際、ブライトエイジを使い始めて2週間経って、お肌はしっとりしているのに脂っぽくはないという、私としては理想的な状態になってます。

これからのお肌の変化が楽しみです。

では、年齢肌炎症にアプローチするトラネキサム酸って何?


トラネキサム酸とは、第一三共が開発した成分で、医薬品や化粧品に広く使われているものです。

先日(詳細は覚えていないのですが)テレビの化粧品のCMで、「トラネキサム酸が入ってます!」というのがありました。その様に声を大にする程効果の高い成分だという事なのでしょう。

肌内部で炎症が起きると炎症性物質トリプターゼが発生し、様々な肌トラブル、エイジングサインを引き起こします。そのトリプターゼをブロックするのがトラネキサム酸の働き。

この様に効果の高いトラネキサム酸が配合されているから、ブライトエイジは医薬部外品だということです。医薬部外品だと、年齢肌炎症をちゃんと治してくれるような気がしてきます。

⇒ブライトエイジの公式サイトを見てみる

まとめ

肌トラブルの原因は加齢だけでなく、年齢肌炎症が原因らしい。
年齢肌炎症をブロックするのにトラネキサム酸が有効らしい。
ブライトエイジにはトラネキサム酸が一定量以上配合されている。